不動産賃貸

#25.資金使途チェック

こんにちは!絶賛1部屋シコリ中のオギーです。

この間、金融機関の担当者の方と話していたら、コロナ融資のことでお達しがきているようでした。端的に言うと、コロナ融資を運転資金以外に使わないこと。コロナ融資の資金で物件購入できるのは宅建業者だけなので、ご注意ください。ということでした。

融資

お金に色はありませんが、融資というのは使途があります。コロナ関連融資は、原則運転資金を助けるための対策で金利補填したり保証協会の保証をつけて、金融機関のリスクを減らし、事業者に資金が行き渡り倒産を防ぐことが目的です。つまり、倒産を防ぐことが目的なので、通常の事業運営にかかる費用=運転資金にしか使うことができません。

では、この資金使途以外に使うとどうなるのか??

資金使途違反は、金融機関との立派な約定違反なので一括弁済を求められても文句は言えません。そこまで細かくチェックして、約定違反を指摘するかは別ですが、金融機関は、貸出先をモニタリングしているので、審査にマイナスに働くとこは十分あります。

契約書

金融機関の融資有りきの事業なので、この辺りはしっかり守っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です