未分類

#31.養育費保証と家賃保証

こんにちは、家賃滞納に絶賛対応中のオギーです。

家賃滞納する人っているの…

一定数いますwwいろんな理由を聞きますが、かっこよく、今カネないんやって言う人もいます。こちとら商売なので、何とかお支払いをお願いしますが、それでもどうにもならない場合は、家賃保証会社に代わり(*)に支払ってもらいます。

*代位弁済された家賃は、入居者さんに対して家賃保証会社から請求されます。

性善説と性悪説

人は基本的に、善(悪)なりという話しですが、入居審査のA4資料と10分程度のヒアリングから、入居希望者がどちらかという判断を正確にすることは難しいです。人は全て善なりと思いたいですが、残念ながら簡単に信用を裏切ることができる人が一定数いるので、商売としては仕組み化してリスクヘッジするしかありません。立派に信用を積み上げてた人も時が経てば環境が変わり…ということもありえます。

善人

似たような局面がある

家賃保証の手続きをしていると、似たような局面で子供の養育費に対する債権債務があります。養育費というのは、親が子供に対して支払う義務があるので、離婚したとか、親権があるとか、全く関係ありません。そして、悲しいかな支払が滞ったり、そもそも金額を決めていない…ということがあります。(*)

*厚労省の母子家庭に対する父親の養育費支払い状況

離婚

最適解は??

まず、養育費について債務名義をとりやすくするため、取り決めする。公正証書にしたり、契約書や覚書として、しっかり書面にした方が良いと思います。養育費を受け取る権利がある子供の代理人として淡々とすすめるべきです。そして、債権債務の関係がしっかり固まったら、支払を担保するために、養育費支払保証などを利用します。自治体によっては、養育費立替や養育費支払い保証の保証料を補助してくれるような制度があります。ここまでやれば、もし支払が停まっても一定期間は補填されるので、その期間に体制を立て直すことができます。

Casaの養育費保証イントラスト他、養育費保証などで調べてもらえれば、リストアップできると思います。

善意同士のパートナー関係が崩れたら、大切なのは、約束と担保ですww

契約書

もし、荷が重いと感じたら、弁護士や司法書士に相談して債務不履行があった場合は、直ぐに債務名義がとれるように契約書をお願いすると良いと思います。

養育費の支払うを受ける権利は、子供の権利です!!私が養うから養育費なんて要らないと勝手に言うべきではないです!

好きになって一緒になることもあれば、嫌いになって分かれることもあるので、子供の権利はしっかり守っていきましょう。それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です